2017年4月3日月曜日

【考える=自分へ質問する】

あなたが自分自身へ投げかける質問次第で、
物事は良い方向へも悪い方向へも勝手に進んでいきます。
 
例えば、あなたが自分にどうしても
自信が持てないとしましょう。
そしてその事で思いなやんでいる、と。
 
そういうときにありがちなのは
こういう質問設定をしてしまうパターン。
 
「私ってなんでダメなんだろう?」
「どうして自分に自信がないんだろう?」
 
こういった質問を自分に投げかけると
その答えをはじき出してくれます。
 
そしてあなたの目の前に答えを持ってきてくれるのです。
 
つまり、
 
なぜあなたがダメなのか、その理由。
自分に自信が持てない理由。
 
「それをピンポイントを発見してしまうことになるのです」
 
例えば、テレビでスタイル抜群の
外人女性モデルがもてはやされている映像を見て、
自分の姿形と比べてしまったりという感じですね。
 
私はスタイルが良くない。「だから駄目なんだ」
というように自己完結してしまう形になってしまうのです。
 
あくまで一例ですが、そうやって
ガクッと肩を落としてしまうこともありがちな事。
 
人間の脳は自分に投げかけた質問に対して、

ストレートな回答をするように出来ているからです。
ある意味、脳の仕組みは素直すぎるのです。

 

前向きな質問には前向きな答えを出し、
後ろ向きな質問には後ろ向きの答えをハジキ出すのです。

ですから、あなたがふだん何気なくしている自分への
質問の内容には十分注意を払わなければなりません。
 
人間の脳は質問に対して、24時間365日ぶっ通しで

働いてその答えを探しだす仕組みになっているからです。
(外食系ブラック企業も真っ青ですね)
 
この仕組みがある以上、自分に質問する上で大事なのは
あなたが望む結果に焦点を当てたものに設定することです。

 
先ほどの例で言えば、自分に自信を
持つというのが1つの目標ですよね?
 
だったら質問の内容を
その目標に沿ったものに
変えていけば良いんです。
 
「私自身のすばらしい面を5つ挙げるとしたら、何だろう?」
「私自身のどんな面を愛することができるだろうか?」
「具体的にどのようにしたら、
私自身は今よりもっと魅力的な存在になれるのだろうか?」
 
私だったらこのような質問を自身に投げかけますね。
 
そうすれば、いずれ望ましい答えを
自ずと発見することになるでしょうから。
 
私自身も、普段の生活の中で困ったことは
沢山起きています。でもその度にこうやって
自分に質問することで乗り越えてきているんです。
 
【解決してきた事柄】
・重度の精神病をクスリなしで生活できるまで回復
・10年吸っていたタバコ(マルボロ赤12mg)とスパッと縁を切る
・キャッシング60万円の借金を綺麗サッパリ完済
 
このような大きな問題を抱えていた私ですが、
これらの問題も無事カタがつきました。
 
その問題解決のきっかけは、やはり質問だったのです。
 
ですからあなたも意識的に、本当に
あなたの望んでいる未来に向けての
質問を今日から始めてみてください。
 
そうすれば、その瞬間望んでいる
未来へ1ミリでも近づけるはずですから。
 
どの方向に進むかは、あなた自身が決められることなんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿